馬は大切な友達

馬のトレーニング方法

当倶楽部代表の小泉は馬と共に生きて45年以上になります。日本、オーストラリア、ヨーロッパの先生に学び、全日本大障害馬術大会で入賞しや国体出場など数々の経験を愛馬と共にしております。近年は、馬と人がお互いに安心して仲良くなれる方法を追求し日々馬のトレーニングをしています。テリントンタッチ、アレクサンダーテクニーク、ホースクリニシャン 、ホーストレーニング、ウエスタンの手法を勉強し、自らの経験と共に実践しています。

IMG_4624.jpeg
 

馬と一緒って面白い

当倶楽部の馬の付き合いってこんな感じ

まずは信頼関係

馬は思った以上に人の事をよく観察しています。だから、馬の動きによるコミュニケーションを優先して、私たちが馬と対話したいことを伝えます。人間からの歩みよりをたいていの馬は寛大に理解しようとしてくれます。

用途に合わせた方法で

信頼関係を結んだら、それぞれの用途。。。競技、エンジョイ、練習などに合わせた調教をしています。大切なのは、お互いを尊敬しあう事です。会員さまと愛馬との関係作りもご指導しています。お互いの安定した成長は、人と馬をとても幸せにします。少し時間はかかりますが、それだけの価値があります。

 

馬の健康

馬だって健康じゃなくちゃ良い子になれません!!

IMG_3416.jpeg

歯の健康

馬専門の歯の先生に年1回は来ていただき、歯の健康を見てもらってます。噛み合わせが良ければ、良く噛み、内臓にも良い影響を与えます。また、ハミ受けにも影響を与えますので、健康な歯はとても大事です。

IMG_6669.jpeg

食べ物

シンプルな餌を心がけてます。基本飼料に加え、馬用のお酢、油、ふすま、麦、亜麻仁、ハーブ、塩、乳酸菌などをその馬の用途に合わせて、獣医さんと相談しながら与えてます。お陰で馬たちは長生きで、生き生きしています。

IMG_1341_edited.png

飲水

人も飲める軽井沢の美味しい井戸水を飲んでいます。人間にも人気がある美味しい水なので、馬たちも良く飲んで大好きです。

IMG_3420_edited.jpg

蹄の健康

長く愛馬と乗馬を楽しむには蹄の健康はとても大事です。上手な装蹄だけでなく、蹄のレントゲンを獣医に撮影してもらい、その馬の装蹄を今後どうしていくか、常に獣医とも相談し、チェックしております。